2022年03月08日 10時00分 公開
PR

「AIに本気の企業」がデータセンターに断られてしまう理由と対処法“高消費電力”機器の扱いが鍵

AIなどの高負荷アプリケーション運用、複数サーバの集約による効率化などに伴い、企業が必要とするデータセンターは変わっている。そうした中、従来設備では必要とする要件を満たせない事象が発生している。企業はどう対処すればいいのか。

[ITmedia]

 サーバに高負荷のデータ処理をさせる用途が広がるにつれて、データセンターではある変化が生じつつある。企業がより高性能なサーバを使いたいと考えても、ハウジング先のデータセンターに断られてしまう場合が珍しくなくなっているのだ。

 例えば研究分野では機械学習などのAI(人工知能)技術を活用するために、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)搭載のサーバを必要とする。一般的な業務システムでも、複数サーバを集約するためにハイエンドサーバなどより高性能な機器に置き換えることがある。こうした場合、従来のデータセンターでは電力をはじめとした設備の基本要件を満たせず、使えない場合がある。

 なぜこうした問題が発生してしまうのか。その背景をひもとくとともに、サーバ運用の効率化や高負荷なアプリケーションの運用に向けて、企業に何が求められるのかを紹介する。


提供:株式会社IDCフロンティア
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.