2022年03月16日 10時00分 公開
PR

ワークステーションは“持ち歩く時代”に エンジニアの働き方はどう変わる?「持ち運べる」ことが強力な武器になる!

高性能なワークステーションを使って業務を行っているエンジニアやクリエイターにも新しい働き方の波が押し寄せている。いつでも、どこでも、会社と同じように快適な作業を実現する新たなワークステーションとはどのようなものか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大、長期化によって、多くの企業がテレワークの導入を進めたことで、ビジネス向けノートブックPCとネットワーク環境があれば、営業だけでなく、事務や総務などの業務が、いつでも、どこでもできるような環境が整ってきた。

 だが、一般的なビジネス向けのノートブックPCでは思うように仕事を進められない業務もある。例えば、研究開発や商品開発、設計を行っているエンジニアやクリエイターの業務がそうだ。こうした業務では、専門的なソフトウェアを快適に動かすためにより高性能なPCやワークステーションの処理性能が必要とされるからだ。

 しかも、高性能なPCやワークステーションはデスクトップ型であることが多いため、会社に出社して仕事をしなければならないということがほとんど。これでは、せっかく会社が安全で快適なテレワーク環境を用意しても、エンジニアやクリエイターの働き方は変わらないままになってしまう。

 現在のようなコロナ禍で出社するのは不安がある上、ニューノーマル(新常態)な働き方が進められている今こそ、エンジニアやクリエイターがテレワーク環境でも職場と同じように、快適に作業できるモバイルワークステーションが必要とされているのだ。

 これまでの「ワークステーションは重くて持ち運べない」という常識を覆し、時間や場所を選ばずに、エンジニアやクリエイターの力を最大限に発揮させ、新たな働き方を可能にする高性能なモバイルワークステーションとはどのようなものか。“持ち歩けるワークステーション”にこだわったポイントとは。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.