2022年03月28日 10時00分 公開
PR

「クラウドを利用したいけど、セキュリティやコストが不安」 何を知るべき?クラウド活用の“光と影”、その全体像とは

クラウドを活用する企業の動きが加速している一方で、セキュリティ対策への不安やコスト増加など、見過ごせない課題が残る。そんなパブリッククラウドの「光と影」に注目し、クラウドの持つ強みと懸念点、そして課題の解決策を紹介する。

[ITmedia]

メリットばかりではない、クラウドの落とし穴とは

 企業にとってデータは、ビジネス戦略に向けた意思決定に不可欠なものだ。変革を加速するために、データの重要度は日増しに大きくなっている。だが、増え続けるデータの管理そのものが、コスト負担を大きくしている。

 これらの課題を解決する有効な手段が、データをパブリッククラウドで管理することだ。オンプレミスのようにデータ容量に合わせてサーバを購入する必要がなく、必要なリソースを必要に応じて利用できる。

 メリットばかりが光るクラウドだが、実はその光に惑わされて見えない“影”の部分が存在する。

 例えば、クラウドの利用開始当初は、1つのサービスごとにIT部門が契約を管理していたかもしれない。しかし今では事業のアジリティーを重視し、現場部門が直接契約しているケースが多いのではないだろうか。統制が効かなくなりつつあり、結果的に余分なコストがかかる。

 このコスト肥大化を含め、クラウドによるデータ管理には幾つかの課題がある。以下ではその全体像を明らかにし、どう対策できるのかを解説する。


提供:ネットアップ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.