2022年03月29日 10時00分 公開
PR

Oracle DBのRACリプレースをどうする? 高い可用性と冗長性を確保し続けるにはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

Oracle Databaseの高可用性と冗長性を実現するReal Application Clusters(RAC)だが、ライセンス体系の改定により継続利用が困難になった。そこで注目されているのが、リプレースの課題を解消する高速データベースアプライアンスだ。

[ITmedia]

 可用性と冗長性、柔軟性の高さから、多くのOracle Database Standard Editionのユーザーに採用されてきた独自のクラスタリング機能「Real Application Clusters」(RAC)だが、ライセンス体系の改訂により、Oracle Database 19c以降のバージョンで非サポートとなった。そのためRACのユーザーは、代替ソリューションの選定が喫緊の課題となっている。

 そんな中、Oracle Database Standard Edition 2に対応した高速データベースアプライアンスが登場し、注目度を高めている。高性能フラッシュメモリストレージを搭載したサーバと、クラスタソフトウェアを組み合わせて、拡張性の高いOracle Database環境を提供。高可用性を低コストで実現しており、RACのリプレースに最適なソリューションとなっている。

 オプションでDR対策も提供し、経験豊富なOracleエンジニアによるコンサルティングサービスも利用できるなど、他にも多数の魅力を兼ね備えた同ソリューション。ぜひ本資料で、その実力を確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.