2022年03月30日 10時00分 公開
PR

自宅と会議室を「Web会議」で一体に ハイブリッドワーク整備のポイントは?「在宅」と「オフィス」の融合法とは

コロナ禍の収束に向けて「ハイブリッドワーク」の導入が進む中、企業が引き続き利用すると考えられるのが「Microsoft Teams」や「Zoom」のWeb会議システムだ。そのハイブリッドワーク時代ならではの使い方とはどのようなものなのか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって企業はテレワーク体制に移行し、自宅で勤務する新しい働き方が当たり前になった。従業員はテレワークによる働きやすさを実感した。オフィスに戻る動きがある中、企業はテレワークとオフィス勤務を両立する働き方を本格的に考える必要がある。

 オフィスを二の次にして、とにかくテレワークの導入を進めた企業もある。ただしテレワークが続いている中、企業はオフィス出勤とテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が中心になることを前提にして、新しいITの在り方を考えるタイミングに来ている。

 コミュニケーションの場は「Microsoft Teams」や「Zoom」に代表されるWeb会議ツールが普及し、オンラインに移った。今後、ハイブリッドワークが定着しても、企業はWeb会議ツールを引き続き利用する。そこで企業が考えなければならないのは、ハイブリッドワークならではのWeb会議ツールの使い方だ。テレワーク中の従業員とオフィス出勤の従業員が、場所にとらわれずに効率良くコミュニケーションするために、Web会議ツールをどう活用すればいいのか。


提供:TD SYNNEX株式会社、株式会社ロジクール
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.