2022年04月20日 10時00分 公開
PR

ANAシステムズがシステムの変化対応力と安定稼働を両立できた理由とその裏側「可視化」だけに終わらない仕組みを実現

ANAグループの事業をシステム面から支えるANAシステムズでは、SaaSの活用やシステムの複雑化に伴い、障害対応の難しさに課題を抱えていた。迅速なサービス提供と安定運用を両立するための取り組みを担当者が語った。

[ITmedia]

 クラウドサービスや外部サービスと密接に連携しながらサービスを構成するスタイルが一般化したことで、環境の変化に迅速に対応することはもちろん、システムを安定運用させると同時に、顧客満足度を高めていくことが強く求められている。

 「安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します」をグループ経営理念に掲げ、ANA(全日本空輸)、Peach Aviation、エアージャパン、ANAウイングスという航空事業を中心に世界のリーディングエアライングループを目指すANAグループ。そのANAグループのITプロフェッショナルとして、エアラインビジネスを信頼性の高いITサービスで支えているのがANAシステムズだ。

 ANAシステムズでは、航空券予約、検索サイト「ANA SKY WEB」におけるシステム障害や、2016年にホストコンピュータ内で発生した不具合を原因とした数万人の利用者に影響が及んだ大規模システム障害の経験を持つ。過去に起きたシステム障害を「四大障害」と位置付け、再発防止に向けた取り組みを進めているANAグループにおいて「ビジネスへの変化対応力」を高める取り組みと「システムの安定運用」の両立をどう図っているのか担当者が語った。


提供:Dynatrace合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.