2022年04月27日 10時00分 公開
PR

ランサムウェア対策の軸は「事業再開のスピード」 どうすれば速く対応できるか目指すべきはランサムウェア被害から半日で復旧できる体制

攻撃の高度化により、ランサムウェア攻撃を完全に防ぐことは困難になりつつある。被害を受けた後復旧までの速度に注目が集まる。企業の信用に関わる問題であり、情報システム部門の能力が問われることから対策を急ぎたい。

[ITmedia]

 「危険なWebサイトにはアクセスしない」「怪しい添付ファイルは開かない」といった対策で防げたランサムウェア攻撃手法は過去のものとなり、現在は、企業システムの脆弱性を利用した攻撃が中心になっている。完全に攻撃を防ぐことはもはや困難であり、さまざまな企業がランサムウェア攻撃を受けたとの報道が続く。そのような状況下、昨今注目を集めているのが、「どれだけ早くその企業は業務が復旧できたか」という点だ。対応が後手に回った企業が評価を下げる一方、混乱を最小限に抑えて事業を再開し、市場からの信用を獲得した企業も多い。いまや、「ランサムウェア被害の発覚から何日で復旧できるか」は企業イメージにも密接に結び付く問題だ。

 対策の中心はバックアップだが、単にバックアップを実施しているだけでは不十分だ。素早く安全に事業を再開するには、具体的に何が課題となり、何を行わなければならないのかを理解することが重要だ。攻撃から短時間で事業を再開し、事業への影響を最小限にとどめるための方法を見ていく。


提供:Cohesity Japan株式会社、SB C&S株式会、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.