2022年04月28日 10時00分 公開
PR

顧客をサービスに導く、コンシューマー向けに特化した「パスワードレス認証」CX向上とパスワード漏えいリスクの根絶

コンシューマーユーザーは「これ以上、認証の手間を増やしたくない」と考えているため、魅力的なサービスがあっても、複雑なユーザー認証が必要になると離脱してしまう。認証プロセスの煩雑さによる機会損失をどう防ぐべきか。

[ITmedia]

 生活とインターネットサービスは切り離せないものとなった。われわれはビジネスでもプライベートでも、多種多様なWebサービスを利用している。一般的に、Webサービスの利用には認証情報の登録を要求されるため、個人が所有するアカウントの数は増え続けている。

 ユーザーが本人であることを証明する大切な情報にID/パスワードなどの認証情報がある。アカウントが増えるほどパスワードを使いまわしたり、特定可能なパスワードを設定してしまったりといったリスクが高まる。また、ログインプロセスが煩雑なサイトはユーザーに嫌われる。ある調査によれば、過半数のユーザーが「ログインプロセスが複雑なWebサイトの利用をやめたことがある」という。

 安全を確保するプロセスでユーザーにストレスをかけては、どれだけ優れたサービスでも使われる前に離脱されてしまう。それを避ける「安全、簡単、顧客満足度を向上させる」認証技術とは。


提供:ノックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.