2022年04月28日 10時00分 公開
PR

「深層学習」による予防型セキュリティは企業の救世主となるか国内で被害続出の「Emotet」をも予防した実力

企業がさまざまなアプローチでセキュリティ対策を試みている一方で、それをかいくぐろうとする攻撃の高度化も止まらない。現状のセキュリティ対策が抱える問題点と、効果的な防御を実現する技術やアプローチとはどのようなものか。

[ITmedia]

 昨今、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃をはじめとするサイバー攻撃の被害が連日のように報道されている。被害企業では、かつてのように「PCが使えなくなった」だけでは済まず、顧客情報が流出したり、工場の稼働や決算処理に影響が生じたりといった、事業に大きなダメージを受けるケースも見られる。同時に攻撃手法も高度化している。例えば2021年末に活動を再開し、2022年に入ってから国内でもさまざまな組織が被害に遭っている「Emotet」の攻撃者は、従来のセキュリティ製品をかいくぐるための多様な手を使う。

 脅威の拡大と高度化に対抗するために企業はセキュリティ強化を推進しているものの、「対処が追い付いていない」という見方がある。現状のセキュリティ対策の問題点はどこにあり、どうすれば改善できるのか。


提供:ディープインスティンクト株式会社、ネットワンパートナーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.