2022年04月28日 10時00分 公開
PR

オンプレミスに残る個別最適化したシステム群 どうすれば運用を効率化できる?サイロ化から脱却してデータを統合管理

サイロ化したシステムを管理する状況では運用を効率化できず、セキュリティホールが生まれたり増設や拡張に手間が掛かったりする可能性もある。これを解消し、簡単かつ効率的な運用を実現する鍵とは何か。

[ITmedia]

 クラウドファーストが常識となりつつある今でも、基幹業務などの重要情報はオンプレミスで運用することが一般的だ。しかし、従来通りシステムごとに個別でサーバやネットワークスイッチ、ストレージなどの機器を設置して稼働監視、運用管理を自力で手掛ける運用方法は、仕様、運用プロセスを一元化できず効率が悪い。

 対象のシステムが増えれば管理が間に合わず、セキュリティホールが生まれたり増設や拡張に手間が掛かったりする可能性もある。重要情報を抱えたオンプレミスシステム群を効率的に運用し、サイロ化から脱却するにはどうすればいいのか。


提供:日本ヒューレット・パッカード合同会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.