2022年05月02日 10時00分 公開
PR

DX推進の壁“高速・大量のデータ処理”を乗り越える「プライベート5G」多様な業界の多様なニーズに応える

工場や産業プラントは、施設の老朽化や人員不足といったさまざまな課題に直面している。そうした状況を打開するためのDXを支えるのが、多様な機器を高速に結ぶ「プライベート5G」だ。どのようなメリットをもたらすのか。

[ITmedia]

 原材料価格の高騰やグローバルなサプライチェーンの混乱など、さまざまな課題が製造業を取り巻いている。いかに老朽化した工場や産業プラントの寿命を延ばして使い続けるのかは難しい課題だ。

 人手不足が続く中、監視カメラなどのIoT(モノのインターネット)デバイスやドローン(小型無人飛行機)、ロボットといったデジタル技術を駆使した「スマートファクトリー」は有用な解決策になり得る。企業は生き残りに向けた経営戦略としてデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組み始めている。現場のデータを集めて解析することで保守作業を最適化したり、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)を使って遠隔地からオペレーションを実行したり、監視業務を無人化したりといった具合だ。

 こうした工場や産業プラントのDX推進において不可欠なのが、機器とサーバを結ぶネットワークだ。現場から吸い上げるデータが増えるほど、遅延なく高速に送受信できるネットワークが必要になる。実現の鍵を握るのが「プライベート5G」だ。その概要や有用性を次のページで解説しよう。


提供:ベライゾンジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.