2022年05月13日 10時00分 公開
PR

DXが進まない原因はデータマネジメントの不備? 収集から活用まで改善するにはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

変化の激しいビジネス環境で生き残るには、データマネジメントに基づくDXの推進が欠かせない。しかし実際は、データが部署内でしか利用されておらず、データ保護の体制も整備できていない企業が多い。これらを解決する方法とは?

[ITmedia]

 急速に変化する現代のビジネス環境で生き残るには、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが不可欠となっている。その中で重要になるのが、データマネジメントだ。しかし実際は、データが散在し部署内でしか利用されていなかったり、急増するデータを保護する体制すら整備できていなかったりするケースが多い。

 こうした現状を打破する方法として注目したいのが、ガバナンス体制やルール整備といった狭義のデータマネジメントに加え、データサイエンスや分析/活用基盤まで含めた、幅広い領域のコンサルティングを提供するサービスだ。部署の垣根を超えてデータ連携/統合が可能なiPaaS(Integration Platform as a Service)や、オンプレミスで大量のデータを管理できるプラットフォームなどにより、効率的なデータ管理を支援する。

 さらに、データパイプラインを強く意識したデータレイクの構築などさまざまなソリューションを用意し、データドリブンな企業文化の醸成や、データ利活用の内製化をサポートしてくれる。本資料で、同サービスの詳細をぜひ確認してもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.