2022年05月12日 10時00分 公開
PR

「脱クラウド」で進むハイブリッドクラウド 複雑化する運用管理をどうするかデル・テクノロジーズ株式会社提供eBook

「ハイブリッドクラウド」が一般化しつつあるがオンプレミスとクラウドの管理タスクが大きくことなることから運用管理が複雑化する要因にもなりうる。複雑化する運用管理にどう対処すればよいか考える。

[ITmedia]

 企業のクラウドサービス利用が進んでいるが、完全にオンプレミスのインフラをなくした企業はまれだ。クラウドサービスへの大規模移行を実施した企業がシステムの一部をオンプレミスのインフラに戻す「オンプレミス回帰」(「脱クラウド」ともいわれる)をするケースもある。

 このように一般化しつつある「ハイブリッドクラウド」(オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせたインフラ)だが、課題もある。オンプレミスのインフラとクラウドサービスの管理タスクは大きく異なることもあり、インフラの運用管理が複雑化する要因になる。

 今後より一般化すると考えられるハイブリッドクラウドの運用管理を簡素化する方法はあるのか。"クラウド"と"オンプレミス"を取り巻く動向を解説しつつ、考える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.