2022年06月09日 10時00分 公開
PR

社会実装進む量子コンピューティング 3つの事例から見る効果と活用のポイント「現実のビジネス課題」の解決方法

新技術をいち早く取り入れた企業ほど、ビジネスにおいてアドバンテージを得やすいとされる。昨今、社会実装が急速に進んでいる量子コンピューティングについて、実用化の現状と今後の展望、ビジネスユースを踏まえた最新の事例を紹介する。

[ITmedia]

 量子コンピューティングの社会実装が進んでいる。アカデミズムの世界を越えて物流や製造などの現場に導入され、既にビジネスの課題解決に寄与している例もある。

 東京ビッグサイトで開催された「第2回 量子コンピューティングEXPO【春】」(開催期間:2022年5月11〜13日)内のセミナーで、先行するユーザー企業の取り組み事例が紹介された。その内容を基に、量子コンピューティングのビジネスユースの可能性や活用のポイントをさぐる。


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.