2022年06月20日 10時00分 公開
PR

逃れられない「ミッションクリティカルシステムのクラウド移行」の正しい進め方クラウド移行の難題を克服

ミッションクリティカルなシステムのマイグレーション(移行)やレプリケーション(複製)は難しい傾向にあり、これが企業のシステム停止リスクを高める一因となっている。システムを確実に保護するには、どのような方法を選択すべきか。

[ITmedia]

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進のために、初めに実施した方がよいことが、レガシーシステムを刷新して拡張性の高いシステムへ移行することだ。オンプレミスインフラのシステムは、ハードウェア障害や災害、セキュリティ事故などの観点からリスクが高い。ミッションクリティカルなシステムこそ、できる限り早く安全なクラウドインフラへ移行するのが望ましい。

 一方で、基幹システムなど、度重なる機能追加で複雑化したシステムをクラウドインフラに移行するのはハードルが高いという事情もある。こうしたシステムをクラウド移行するときは、ダウンタイムを最低限に抑えつつ、ビジネスへの影響を与えないようにしなければならない。移行を検討しているレガシーシステムがクラウドインフラの仕様に合わないといった、根本的な問題に向き合わなければならないこともある。スムーズなクラウド移行を進め、システム停止のリスクを最小限に抑えたインフラを実現するためには、どのような方法を選択すればいいのだろうか。


提供:ウェブルート株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.