2022年06月21日 10時00分 公開
PR

働き方に選択肢を与える“ハイブリッドワーク” 実現の鍵は一人一人に適したワークスタイルを再定義

テレワークが定着した企業におけるCOVID-19のパンデミック後の働き方について、新たな選択肢として注目すべきなのが「ハイブリッドワーク」だ。実現の鍵はどこにあるのか。エキスパートが語る。

[ITmedia]

 働き方を見直そうとする動きは「働き方改革」というキーワードでこれまでも語られてきた。その必要性が一気に高まるきっかけとなったのが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)だ。

 COVID-19のパンデミック(世界的大流行)を経験した企業において、テレワークはすっかり定着した。場所を選ばずに働くことが当たり前になった人々は今日、COVID-19のパンデミック後(以後、アフターコロナ)の時代を見据えた次の働き方として“ハイブリッドワーク”を模索する。

 ハイブリッドワーク導入を成功に導くポイントはどこにあるのか。次のページで解説する。

※本稿は、ITmedia NEWSからの転載記事です。


提供:レノボ・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.