2022年06月23日 10時00分 公開
PR

工場で増える無線LAN活用、干渉や相性問題など安定使用には何が必要か工場ネットワーク

スマート工場化が進む中、工場内での無線LAN活用が広がりつつある。ただ、通信の安定性やセキュリティなどの課題も顕在化している。これらの解決に向けてどのような考え方でどう取り組めばよいのか。対談を通じて解き明かす。

[ITmedia]

 製造現場でIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)など、デジタル技術を活用するスマート工場化の動きが広がっている。スマート工場化を進める中では工場内のネットワーク活用が欠かせないが、その中で特に利用が増えているのが無線LANだ。

 その一方で、工場内で従来は考える必要がなかった無線LANによるトラブルも増えている。干渉の問題や、機器ごとの接続の相性問題などにより、設備の安定稼働や情報収集ができないトラブルが発生している他、サイバー攻撃の脅威も新たに生まれ、セキュリティ対策なども必要となっている。

 これらに対応するためには、どのような考えや対策が必要になるのだろうか。工場向けネットワークでさまざまな実績を持つ日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部(以下、HPE Aruba)プリセールスコンサルタントの岩渕祥司氏と、MONOist編集長の三島一孝が対談した。

※本稿は、MONOistからの転載記事です。


提供:日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.