2022年06月29日 10時00分 公開
PR

選ばれるHCIは何がどう違う? 数字で見る導入効果の全貌デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

HCI市場がかつてないほど活性化する一方、多数の製品から最適なものを選択するのは困難になっている。そこでトップクラスのベンダー2社が連携して生み出した最新鋭のHCI製品を取り上げ、コストやパフォーマンスの実態を数字で解説する。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)市場がかつてないほど活性化している背景には、インフラ運用の効率化や拡張性の確保、コスト最適化といった恩恵が広く周知されたことがある。デジタル時代の波に乗るために、エンタープライズITに残る複雑な組み合わせや寄せ集めを排除する、最善手の1つになるからだ。

 これによりIT部門が、複雑かつ高負荷のインフラ運用から解放される。また、HCIは、ハードウェア面、ソフトウェア面での拡張性に優れているため、スモールスタートで導入し、ビジネス規模の変化に合わせて段階的に拡張できる点も大きなメリットだ。従来インフラで頻発していたオーバープロビジョニングの不安はなくなるといっても過言ではない。

 本資料では、HCIについて改めて解説するとともに、トップクラスのベンダー2社が連携して生み出した、最新鋭のHCI製品を紹介している。5年間の運用コスト削減率が51%という数字をはじめ、その導入によって成果を挙げた組織の事例も具体的に紹介しているので、参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.