2022年06月29日 10時00分 公開
PR

約30%のコスト削減も、導入/管理のしやすさで選びたいHCIの実力デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

より洗練されたHCIを求める企業が増える今、選ぶべき製品の要件も高度化している。そこで、約20〜30%のコスト削減や、仮想基盤のレスポンスの大幅な向上を実現した企業の事例を基に、今選びたいHCI製品を取り上げ、その実力を紹介する。

[ITmedia]

 デジタル変革の推進とともに注目度を高めるHCI市場は、今や成熟期を迎えつつある。既に導入済みで更改を検討している組織や、これから導入しようという組織は、より洗練されたHCIを求めるようになってきた。そこで期待されているのが、導入・管理のしやすさが特徴のHCIアプライアンスだ。

 例えばある組織では、その導入によって約30の業務システムの運用管理を改善。コストを約20〜30%削減した他、新規システムの構築期間を1カ月以上短縮することに成功している。また別の組織では、同アプライアンスを導入して仮想基盤を再構築し、ストレージをオールフラッシュ構成とすることでレスポンスを3倍以上に向上。それまで8時間以上かかっていた夜間のアップデート作業も日中に無停止で行えるようになり、より快適な業務環境の実現につなげている。

 本資料では、同アプライアンスが選ばれている理由を4社の導入事例から読み解くとともに、3社の導入事例が示す新たなユースケースを紹介する。HCIの一般的なメリットに加え、同アプライアンスならではの付加価値が理解できるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.