2022年06月29日 10時00分 公開
PR

包括的なセキュリティ機能を完備、安全性と生産性を向上させる次世代HCIとはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

セキュリティは業務の妨げになると捉えられがちだが、適切なインフラを導入すれば安全性の強化と生産性の向上は両立が可能だ。そうしたソリューションの1つとして、包括的なセキュリティ機能を組み込みで提供するHCIが注目されている。

[ITmedia]

 IT運用をモダナイズし、製品やサービスの差別化を図る企業が増える中、データやアプリケーションを脅威から守ることの重要性が一層高まっている。一般的にITの世界では、セキュリティは投資しても回収が難しく、業務の妨げになると捉えられるケースも多い。だが適切なインフラを導入すれば、安全性の強化と生産性の向上は両立できる。

 そこで注目したいのが、コアからエッジ、クラウドまでを保護する、包括的なセキュリティ機能を組み込んだハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。セキュアな開発ライフサイクル、脆弱性対応、サプライチェーンリスク管理などにより、従来型とクラウドネイティブなワークロードの両方で、万全な可用性や整合性を確保する。

 本資料では、データセンターのモダナイゼーションとITトランスフォーメーションの基盤となる同HCIの特長やセキュリティ機能などについて、詳しく解説する。あわせて、同HCIシステムソフトウェアによるSaaSマルチクラスタ管理セキュリティの概要についても触れられているので、ぜひ確認してもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.