2022年07月13日 10時00分 公開
PR

機密情報だらけのファイルサーバ、運用の負荷とコストを圧倒的に下げる方法金融企業の事例で分かる

ある金融企業は、クラウドに移行できない「重要情報が格納されたファイルサーバ群」を効率よく集約し、運用負荷やコストを大幅に軽減した。その方法とは。

[ITmedia]

 データ管理において、パブリッククラウドの利用はインフラ運用管理の負荷を低減する切り札となり得るが、セキュリティポリシーや扱うデータの性質によってはクラウドの利用が難しい場合もある。外部事業者に機密情報の保管を託すことに不安を覚える企業もあるだろう。特に社内の重要な業務情報を格納するファイルサーバ領域においては、この傾向が顕著だ。

 クラウド移行が難しいとなると、引き続きオンプレミスでの運用を続けなければならない。堅牢な環境を維持しながらコスト削減と運用の効率化を目指すことは可能なのだろうか。

 本稿は、金融機関でのケースを基に、止められないファイルサーバをオンプレミスで効率よく運用する方法を紹介する。


提供:キヤノンITソリューションズ株式会社、SB C&S株式会社、ニュータニックス・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.