2022年08月02日 10時00分 公開
PR

GPUサーバの検討を重ね、たどり着いた結論は? 東京大学発ベンチャー社長に聞くGPUクラウドサービスへの懸念や課題を解消

ハイスペックなGPUサーバは高額であり、サーバ管理も専門的なノウハウが必要なため、導入のハードルが非常に高い。中小企業におけるそんな悩みを解消し、ビジネスを強力に後押しするGPUクラウドサービスとは。

[ITmedia]

 多くの企業がクラウドサービスを活用して、ビジネスの成長・拡大に生かす時代になった。クラウドでは企業が必要とする多種多様なサービスが提供され、「ニーズに応じた使い分け」も自由自在だ。

 専門性を有したクラウドサービスも多数提供されている。例えば、ディープラーニングや画像処理など負荷の高い計算が求められるGPUサーバも、クラウドで提供されている。

 GPUサーバをオンプレで導入する場合、高額な初期費用がネックになるケースがある。GPUクラウドサービスの場合、1時間当たりのサブスクリプションで利用できるため、導入のハードルを下げることが可能になった。

 だが、クラウドサービス利用では懸念すべきこともある。メガクラウドのGPUクラウドサービスはランニングコストが高額であり、料金体系が複雑なためトータルコストが予測しづらく予算超過のリスクがある。こうした懸念は、特に予算が厳しい中小規模の企業ほど深刻だ。

 では、GPUクラウドサービスの課題を解決する方法はあるのだろうか。中小企業におけるそんな悩みを解消し、ビジネスの拡大を強力に後押ししてくれる低価格のGPUクラウドサービス「GPUSOROBAN」とはどのようなものなのだろうか。


提供:株式会社ハイレゾ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.