2022年08月05日 10時00分 公開
PR

検知や防御のみならず、有事の際にビジネスを継続できるランサムウェア対策とはいかにデータを保護するか、それが課題だ

ランサムウェア対策では検知・防御と併せて「いかにデータを保護するか」「感染してもデータを保護しビジネスを継続していくか」が最重要だ。

[ITmedia]

 ランサムウェア攻撃が深刻化している事は周知の事実である。ネットアップが実施した調査によると、IT投資課題としてセキュリティ対策の強化が最優先事項として挙がっている。各社で対策の検討が急速に進んでいることが分かる。

 ランサムウェア対策としては検知や防御に加えて、万が一の際の復旧という観点も忘れてはいけない。ここで注目すべきなのがデータストレージである。感染してもデータを保護しビジネスを継続していく手法をひもときたい。


提供:ネットアップ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.