2022年09月21日 10時00分 公開
PR

DXの起点は紙業務のシステム化 AI-OCRと自動化ツールで業務を全体最適失敗しないDXをスモールスタート

業務プロセス改革を試みる際、プロセスにおける大量の紙業務や入力作業を前に頭を抱える企業が多い。そこで、認識率100%を目指せるAI-OCRで紙業務を起点にDXを推進しながら、さらに全体最適したデータ連携の自動化を実現する方法を紹介する。

[ITmedia]

 コロナ禍を経てDX(デジタルトランスフォーメーション)の機運が高まる一方で、「何から始めればよいか分からない」「思ったような結果が出ない」という声をよく耳にする。DXにつながる試みの一つとして業務プロセス改革が挙げられるが、プロセスにおける大量の紙業務や入力作業を前に頭を抱える企業も多い。

 本稿では、そうした紙業務や単純な手作業を生かしつつ、単なる紙のデータ化や局所的な繰り返し作業をシステム化し、全体最適の視点で業務プロセスを自動化する方法を紹介する。比較的低コストで始められるだけでなく、ローコードで実現できるため、システム開発人材が不足している企業にとってもDXの第一ステップとして有効だ。


提供:コニカミノルタジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.