2022年11月22日 10時00分 公開
PR

「クラウドでコスト削減、収益向上」ができない――DXに“効く”のは何か走りながら運用を高度化する3つのカギ

コスト削減、運用負荷低減を狙い既存システムをクラウド移行したが「かえって手間とコストが増えた」という声が後を絶たない。しかし、全体設計からやり直す時間も余裕もない。どうすべきか。走りながら運用を高度化する方法を聞いた。

[TechTargetジャパン]

 「DX」(デジタルトランスフォーメーション)や「クラウドファースト」がバズワードのようにも扱われている近年、多くの企業が新たな取り組みに意識的になっている。だが、成果を急ぐあまり一部の成功事例をうのみにして失敗するケースも目立つ。特に深刻なのはITインフラ分野だ。

 「ウチも取りあえずクラウドを」と手を出した結果、システムが複雑化し、逆効果となってしまう例が後を絶たない。コスト削減要請を受けてクラウドを導入したが、運用設計が従来のままで現場負担が増大してしまった例も多い。

 では、どうすれば多忙な業務をこなしながら運用負荷を低減し、収益向上に貢献できるのか。運用高度化に向けた現実的な手段を、日本の運用管理シーンを長年支えてきたベンダー担当者に聞く。


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.