2022年12月09日 10時00分 公開
PR

新ワークロードが求めるパフォーマンス要件、サーバ選定で注目すべきはどこ?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

DXの進展とともにワークロードの多様化が進んでいる。これを支える最新サーバは、どのような観点で見極めればよいのか。高コストパフォーマンスのプロセッサを搭載した最新サーバ製品から、見るべきポイントを明らかにする。

[ITmedia]

 新たなワークロードが次々に登場し、企業にとって重要な存在となる中で、サーバをどう見極めればよいのだろう。定番サーバ製品では、新旧のワークロードに対応してパフォーマンスを発揮できる理由として5つを挙げている。

 まずは、クラウドアプリケーションとHPCアプリケーションを念頭に設計されたプロセッサだ。密度やメモリ容量、I/Oを向上させることで、レイテンシの低減や高速なデータアクセスを可能にする。また、このようにパワフルなプロセッサの採用により、アプリケーションの実行に必要なサーバ数を削減できるため、電力消費やライセンスコストなどを抑えられるというメリットも生む。

 他にも、サーバやOS、ハイパーバイザーを単一画面で簡単に把握できる管理機能などもポイントになる。本資料では、この最新サーバ製品が、コストを抑えながら高いパフォーマンスを実現できる5つの理由をさらに詳しく解説していく。

Dell PowerEdge servers Powered by AMD EPYC(TM) Processors

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.