2022年12月09日 10時00分 公開
PR

再生可能エネルギーで稼働、クリーンなデータセンターが採用したサーバ製品とはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

脱炭素社会の実現に向け、ITインフラでもカーボンフットプリントゼロを求める声が高まる中、アイスランドに再生可能エネルギー100%で運営するデータセンターが開設された。HPCもコストを抑えて利用できる、その環境はどう実現されたのか。

[ITmedia]

 地球温暖化の進展が危惧される中、事業における再生可能エネルギーの活用が注目されている。多大なエネルギーを消費するデータセンターの世界においても、環境対応と持続可能性の追求は不可避の状況だ。

 アイスランドで広大なデータセンターを運営するVerne Globalは、水力発電と地熱発電という再生可能エネルギーで、カーボンフットプリントゼロのデータセンターを実現している。この施設は、HPC、人工知能、データドリブンのアプリケーションなど高負荷コンピューティングを必要とする組織の数々が利用し、運用コストやコンピューティング密度などインフラ課題の解決に役立てているという。

 特に注目すべきは、専門的なHPCとAIコロケーションサービスだ。一般的なクラウドサービスでは難しい、高負荷・ハイパフォーマンスのコンピューティングを、コストを抑えて利用できるようにしている。その実現を支えたサーバ製品とは、どのようなものなのか。本資料で詳しく紹介する。

Dell PowerEdge servers Powered by AMD EPYC(TM) Processors

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.