2022年12月12日 10時00分 公開
PR

オフィス回帰で検討すべき、リモート環境構築のコストと運用負荷の最適化VDIでもリモートデスクトップでもない第3の道とは

コロナ禍のテレワークシフトでリモートデスクトップやVDIの利用が進んだが、これらはコストや運用負荷が高い。徐々にオフィス回帰が始まった今の働き方にマッチするリモート環境の構築方法を専門家が語った。

[ITmedia]

 2020年にコロナ禍が訪れた直後、企業は3密回避のためにテレワーク環境の構築に追われた。それから3年近くが過ぎた今、従業員がオフィスに戻る動きも見られ、今後はオフラインとオンラインを組み合わせたハイブリッドワークが主流になるという見立てもある。

 2020年当時はまず業務を継続することが優先されたため、比較的簡単に導入できるリモートデスクトップを選択した企業もあるだろう。しかし、リモートデスクトップはコストや運用負荷が高く、操作性に課題があるという声も聞こえてくる。働き方が次のフェーズに移りつつある中、急場しのぎで構築したテレワーク環境をこのまま使い続けていいものか。堅固なセキュリティ製品として導入されてきたVDI(仮想デスクトップ)も、コストや運用負荷の面で同様の課題を抱えている。

 今後もこれらのツールを使い続けるしかないのだろうか。専門家に代替策を聞いた。


提供:e-Janネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.