2022年12月22日 10時00分 公開
PR

広帯域なほどお得 日本企業が今必要な機動的インターネット接続サービスとは日本は「料金が高め」、外資系は「日本語サポートが不安」:

インターネットトラフィックの急増に悩む企業は、コストパフォーマンスが高く、トラフィックの急増にも容易に対応できる帯域保証型のインターネット接続サービスを求めている。現状ではどのような選択肢があるのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 オンラインでサービスやコンテンツを提供している企業にとって、インターネット接続の広帯域化は差し迫った日常的な課題だ。

 程度の差こそあれ、日本の一般的な中堅、大規模企業でも同様な課題が深刻化しつつある。企業のネットワークはインターネット接続をベースとしたアーキテクチャに変化しており、広帯域化はもはや避けて通ることができない。

 しかし、日本における帯域保証型のインターネットアクセス回線サービスの料金は、北米や欧州市場に比べると高い。特に、10Gbpsなど広帯域になるほどその傾向は顕著で、諸外国の2倍以上の金額を支払っているケースもある。

 日本企業が今必要としているのは、リーズナブルな料金でありながら帯域が保証され、トラフィックの急増にも対応できる機動的なインターネット接続サービスだ。

 こうしたニーズに対応できるサービスは存在するのか。答えはイエスだ。


提供:ルーメン・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.