2023年02月22日 10時00分 公開
PR

ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのかIoTで生産プロセスを変革

モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。

[ITmedia]

 中国やその他アジア地域の企業の台頭や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の災禍によるサプライチェーンの混乱、部材高騰など、日本の製造業を取り巻く環境は厳しさを増している。その中で成長を続けていくためには、製造現場の継続的な進化が欠かせない。

 昨今の製造現場では、従来のQCD(品質、コスト、納期)に「S(安全)」「E(環境)」を加えた「QCDSE」の向上が求められているが、従来型のプロセスで改善を進めていくだけでは、持続的な成長が難しい。こうした中でIoT(モノのインターネット)やBI(Business Intelligence)ツールを活用し、スマートファクトリー化を進めていくことで成果を生み出しているのが、楽器製造大手のヤマハだ。同社の楽器製造工場におけるIoT活用の成果と、デジタルツイン実現に向けた取り組みについて紹介する。

※本稿は、MONOistからの転載記事です。


提供:ウイングアーク1st株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.