2023年01月30日 10時00分 公開
PR

働き方の多様化でセキュアなPCの用意/配布が困難に、IT部門が今取るべき方法はモダンなWindows展開方法と“新世代PC”

ハイブリッドワークの普及により、従業員が多様な場所で働くようになる中、セキュアなPCを準備/配布することは負荷の高い業務となった。この状況を改善するには、キッティング方法もデバイスも最新化する必要がある。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、テレワークが急速に普及したことは記憶に新しい。そうした動きを受けて、企業はパンデミック(世界的大流行)以前の働き方に完全に戻るのではなく、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」へ移行しつつある。その結果、IT部門が考慮していなかった新たな課題が露見することとなった。

 PCなどの業務デバイスを準備して従業員に配布することは、IT部門の日常業務だ。そのためにすべきことは、誰もがオフィスで働いていた時代は単純だった。ところがテレワークが一般化した現在、IT部門のスタッフの働き方も含めて、何をどのように実施するのがベストなのかという悩みが企業に生まれている。ビジネスのデジタル化が急激に進行する中、セキュリティ対策に利用可能な「インテル vPro プラットフォーム」準拠PCなどの手段を使って安全を確保しつつ、効率的な働き方を実現するという課題を突き付けられているためだ。この課題を解消するために、IT部門が取るべき行動とは何かを解説しよう。


提供:TD SYNNEX株式会社、株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.