2023年01月31日 10時00分 公開
PR

「軽くて小さい」だけでは不十分、ハイブリッドワーク時代に選ぶべきPCとは?従業員の利便性も情シスの負荷も考慮

オフィス勤務と在宅勤務が共存する今、PCには持ち運びの便利さばかりを求めがちだが、それだけでは無理が生じる。「軽さと画面の見やすさの両立」「セキュリティ対策機能」「運用の手間を抑えられること」を条件に、いま選ぶべきPCを探る。

[ITmedia]

 コロナ禍で働く環境は大きく変化した。2020年のパンデミックでテレワークが急激に普及したが、現在は従業員が出社と在宅を選択できる「ハイブリッドワーク」が主流になりつつある。

 新しいワークスタイルが定着してきた今、企業が熟考すべきことの一つが従業員のPCだ。PCを持ち歩く機会が増えた今、「従業員の使いやすさ」と「情報システム部門の管理のしやすさ」の定義は変化している。それらを両立させるために考慮すべきポイントとは何か。


提供:三谷商事株式会社、株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.