2023年02月07日 10時00分 公開
PR

今変わるべきデバイス管理 故障対応やセキュリティをどうする?マルチデバイスを一括管理

多様化するデバイスの管理が大きな課題となっている。従業員、IT管理者、経営者がそれぞれに抱えるキッティング作業やセキュリティ対策などの運用管理の悩みと解決策について、分かりやすく解説する。

[ITmedia]

 デスクワーカーの働き方は一変した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によってテレワークが急速に浸透した一方で、オフィスワークの利点が見直され、企業や業務の特性に合わせて双方をバランスよく活用する「ハイブリッドワーク」が広がりつつある。

 これはIT管理者にとっては、頭の痛い状況だと言える。業務に欠かせないノートPCやタブレットなどの「エッジデバイス」の管理が煩雑になりやすいからだ。従来はオフィスだけに存在していたエッジデバイスが社内外を移動するため、日常的な運用管理はもちろん、故障などのトラブルへの対処が難しくなる。

 デバイスの資産管理も課題となる。オフィスの内外に散在するデバイスがどこにあり、どのような業務に使われているのかを把握することが難しい状況では、適切なデバイス管理の実現は不可能に近い。

 ハイブリッドワーク時代のデバイス管理には、これまでの常識が通用しない「新常態」に適した解決策が必要だ。従業員のスムーズな業務遂行、IT管理者の負荷軽減、経営者にとって投資しやすいデバイス管理を同時に実現するには、どうすればよいのか。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.