2023年02月27日 10時00分 公開
PR

業務効率化を阻む紙の契約業務に終止符を 電子契約サービスの賢い選び方年間利用料だけで電子契約数は無制限

なじみのある“あのツール”に本格的な電子契約機能が追加された。リーズナブルな価格で契約業務をオンライン化できるという。

[ITmedia]

 企業間の契約業務は多くの問題をはらんでいる。郵送などで物理的に契約書をやりとりする方法は、郵送代や印紙代コストがかかる他、担当者が出社を余儀なくされるなどテレワークと相性が悪い。

 この問題の解決策として、多くの電子契約・電子サインサービスが登場している。しかし、定額費用に加えて、契約書1通ごとに料金が発生するサービスもあり、多くの予算を割けない企業にとってはコストがネックになりやすい。

 このような契約業務における問題を、“あのツール”がまとめて解決するという。コンシューマー向けのサービスとしても知名度が高く、多くの人にとってなじみ深いツールだけに、エンドユーザーの習熟スピードも速いという。そのツールとは何か。


提供:ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社システナ(協力:アドビ株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.