2023年02月27日 10時00分 公開
PR

更新漏れにオーダー間違え……Adobeライセンスの管理負荷をどう軽減するAdobeライセンスも自動更新

Adobe製品をはじめとするサブスクリプション型ソフトウェアのライセンス更新は多くの手間がかかるだけでなく、「更新漏れ」や「オーダー間違い」といったトラブルが発生しやすい。この課題を解決し、管理者の負荷を下げる方法とは。

[ITmedia]

 「Adobe Photoshop」(以下、Photoshop)や「Adobe Illustrator」(以下、Illustrator)「Adobe Acrobat」など、Adobeのサブスクリプション製品はクリエイティブ制作の現場で必須のツールだ。

 一方で、Adobeのサブスクリプション製品を利用している企業は「ライセンスを持つ利用者の管理が煩雑」や「繁忙期にもかかわらず、毎年ライセンス更新オーダーが必要」など、ライセンス管理における手間に悩むこともあるだろう。ランセンス管理の不備によって余計なコストがかさんだり、「朝会社に来たらAdobe製品が使えなくなっていた」といったトラブルが発生したりすることもある。

 Adobe製品に限らず、常に最新版を利用できるというメリットを求めてサブスクリプション型ソフトウェアを導入するケースがあるだろう。そのライセンスを適切かつ効率的に管理するために、企業が取るべき対策とはどのようなものだろうか。


提供:ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社システナ(協力:アドビ株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.