2023年02月20日 10時00分 公開
PR

「小さく始めるクラウド活用」で得られる大きな効果中堅・中小企業こそ知っておきたい

インフラ運用の負担軽減やBCPの強化だけではなく、競争力の強化や新規事業の創出の観点からも活用が進んでいるクラウドサービス。大規模なシステム導入が難しい中堅・中小企業が、その導入によって大きな効果を得るためのポイントとは。

[ITmedia]

 オンプレミスインフラのファイルサーバやID・アクセス管理システム「Active Directory」などの仕組みをクラウドサービスに移行することには、インフラ運用や資産管理の負担軽減、BCP(事業継続計画)の強化といったメリットがある。さらに一歩先に進み、競争力強化や新規事業の創出のためにクラウドサービスを積極的に活用する「攻めのクラウド活用」に乗り出すことで、企業は新しい働き方や新サービス提供を実現し、自社の競争力を強化することが可能になる。

 しかしさまざまなクラウドサービスを幅広く活用するのは容易ではない。どのようなクラウドサービスが何の役に立つのか。導入のポイントを説明する。


提供:東日本電信電話株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.