2023年04月20日 10時00分 公開
PR

JR東日本情報システムが選んだパブリッククラウド共通基盤運用自動化の道筋モダンな運用体制実現のカギとは

JR東日本グループのIT基盤を支えるJEISが「パブリッククラウド共通基盤」の構築に取り組む。目指すはモダンな運用体制の実現だ。

[ITmedia]

 企業が抱えるシステムにはさまざまな要件のものがある上に、調達のタイミングごとに構成や基盤が異なることもあるため、運用が個別最適になりやすく、IT部門の生産性向上の阻害要因となっている。

 この問題に対して、JR東日本の情報システムを支えるJR東日本情報システム(JEIS)は運用管理の共通化や効率化の阻害要因をワンプラットフォームで解消する方法を選択した。その意図と実現方法を取材した。


提供:株式会社 日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.