2023年04月12日 10時00分 公開
PR

「乗り遅れれば大変なことに」 一般企業でもできるAI活用のヒントを6社に学ぶデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

AIのビジネス活用は、あらゆる企業にとって喫緊の課題となった。しかし技術革新により導入ハードルは下がったとはいえ、自社ビジネスに合わせたAI活用の方法に悩む企業も少なくない。6社の導入事例から、AI活用のヒントを探る。

[ITmedia]

 技術革新によりAI活用のハードルが大幅に下げられた現在、業種や規模を問わず一般企業であっても機械学習に使えるデータがあれば積極的に活用方法を検討するケースが増えてきている。この現状に専門家は「乗り遅れれば大変なことになる」と警鐘を鳴らす。

 しかし、実際に自社のビジネスとAIをどう組み合わせればよいのか分からないという企業も多いだろう。そうした不安を解消する上で、AIで業務課題を解決したいと考える企業とAIベンダーのマッチングを支援するプロジェクトの一環として開催されたセミナーの内容は参考になるだろう。

 本資料は同セミナーの内容をまとめつつ、6社のAI導入事例を紹介している。駅のホームで白線を越えた人に音声で警告するシステム向けに、AIを活用した映像のリアルタイム解析ソリューションを提供しているモルフォAIソリューションズや、6種類のAIモデルを活用して外観検査から顔認証まで幅広い分野の映像解析の精度を向上させている東芝デジタルソリューションズなどの取り組みを参考に、AIを自社のビジネスに取り入れるためのヒントを見つけてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.