2023年05月02日 10時00分 公開
PR

巧妙化する脅威と複雑化するITインフラで難化、データ保護をシンプルにするにはVeeam Software Japan株式会社提供Webキャスト

ランサムウェアを中心としたサイバー攻撃が巧妙化し、ITインフラの複雑化も進む中、企業はその重要資産であるデータをいかにして保護すべきなのか。さらに、何らかの障害が発生した際のデータレジリエンスをどのように確保すればよいのか。

[ITmedia]

 ユーザーの不注意やハードウェア障害、自然災害、サイバー攻撃など、企業のデータを侵害し得る脅威が日常に潜んでいる昨今。特に、2023年に発表されたある調査によると、過去1年でランサムウェア攻撃を1回以上受けた企業の割合が85%に上り、バックアップデータへの侵害などにより、身代金を支払ったにもかかわらずデータを復元できなかったケースも増えている。

 さらに、マルチクラウドやハイブリッドクラウドが当たり前となり、企業のITインフラもかつてないほど複雑化している。そのため、このような環境全体を可視化し、適切にコントロールするための人材やスキルセットは多くの企業で不足している。もはやデータ保護はもちろん、実際に何らかの障害が発生した際のデータの復元も困難になりつつある。

 本Webキャストでは、データセキュリティ/データレジリエンスの取り組みの現状および課題を、データを提示しながら解説する。さらに、このような状況においても、データ保護を実践し、データレジリエンスを確保するための方法や考慮すべきポイントについても解説しているので参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.