2023年05月22日 10時00分 公開
PR

オフィス内外に広がるITの一括・スピーディーな保護に「XDR」が効果的な理由事業継続に不可欠な全社横断的セキュリティ

ますます激化するサイバー攻撃から、多様化するシステムを保護するために、企業は全社横断的なセキュリティツールに目を向け始めている。だが単にツールを導入しても、使いこなせなければセキュリティ強化にはつながらない。解決策とは。

[ITmedia]

 企業の経営者には、リスクマネジメントの一つとしてセキュリティ対策を重視し、自ら取り組むことが求められている。昨今はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃など、効率的に金銭を集め、巧妙で、被害者に深刻なダメージを与えるサイバー攻撃が次々に登場しているからだ。

 一方でデバイスやクラウドサービスなど、企業が利用するITの形態は多様化している。さまざまなシステムやデータがオフィスの外に飛び出すようになった現代の企業は、攻撃者にとって狙いやすい状態だ。攻撃者は、標的の内部に侵入して他のシステムに攻撃を広げ、機密データを保存するサーバを狙うといった手段で、より多くの利益を得ようとしている。

 こうした状況下でのセキュリティ対策には、全社横断的に多様な形態のシステムやデータを保護するセキュリティツールが必要だ。しかし、ただツールだけ導入しても使いこなすことができなければ、セキュリティの強化にはつながらない。オフィス内外のシステムに対して、素早く的確なインシデント対応(セキュリティを脅かす事象への対処)を実施し、事業継続性を実現するにはどうすればよいのか。


提供:サイバーリーズン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.