2023年05月22日 10時00分 公開
PR

楽天モバイルのAI&データプラットフォームに見る、分散SQLデータベースの役割YugaByte Japan株式会社提供Webキャスト

楽天モバイルでは最先端のAI&データプラットフォームを構築すべく、ある「分散SQLデータベース」を採用した。本動画では、同データベースを中心に、同社のAI&データプラットフォーム構築について詳しく解説する。

[ITmedia]

 楽天モバイルでは最先端のモバイルネットワークサービスを構築すべく、データの格納・処理だけでなく、収集したデータからインテリジェンスを得るための、AI&データプラットフォームが必要だった。このプラットフォームの実現において、とりわけ重要なのが、データ処理を改善するためのオンライントランザクション処理(OLTP)型のデータベースエンジンだった。

 このデータベースエンジンは、拡張性や回復性、自己修復性など、クラウドネイティブなアプリケーションに求められる特長を備えている必要がある。そして、同社の厳しい選定基準を全て満たしたのが、ある「分散SQLデータベース」だった。同データベースはSQLとNoSQLを同一コンポーネント内で提供していることも採用の決め手になったという。

 同社では、日本国内3つのデータセンターに同データベースのクラスタをデプロイしている。動作自体はシングルクラスタだが、地理的に分散されていることで、非常に高い安全性が担保されているという。本動画では、同社の取り組みや同データベースの特長、アーキテクチャ、デプロイメント手法などを詳しく解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.