2023年05月25日 10時00分 公開
PR

データ連携が課題となる基幹系のクラウド移行、考慮すべき3つのポイントとは?ノーコードデータ連携ツール×HAクラスタソフトでできること

基幹システムをクラウドシフトするに当たり、EDIとの連携におけるデータの変換方法や形式が変化することに悩みを抱える企業は多い。これらを解消するための3つのポイントと、解決策となるアプローチを紹介する。

[ITmedia]

 基幹システムは他のさまざまなシステムと連携しているため、クラウドシフトが難航しがちだ。特にEDI(電子データ交換)は、取引先の受発注システムや生産計画、購買管理、在庫管理、会計システムなど、多くの基幹システムと連携する。これをクラウドに移行するとなると、各システムに取り込むデータの変換方法やデータの形式なども考慮する必要がある。

 作業が特定の担当者に委ねられることで属人化が進み、「担当者に負荷が集中してシステム移行が進まない」や「退職後に引き継がれていない」などの事態に陥ることもある。

 多くの連携を抱えるシステムの移行は何を考慮すべきで、今後の変更にも対応できる柔軟性の高いシステム連携を可能にするにはどのような考え方が必要なのだろうか。


提供:株式会社セゾン情報システムズ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.