2023年06月02日 10時00分 公開
PR

「生成AI」の時代が到来 影響と“ビジネス活用の第一歩”を解説「生成AI」の最新事情と活用法を解説

「生成AI」が台頭し、世界中で活用が進みつつある。企業は生成AIをビジネスにどう役立てることができるのか。活用のためのポイントと、具体的な利用例を説明する。

[ITmedia]

 米国のOpenAIが公開したチャットbotサービス「ChatGPT」が注目を集めている。同サービスは自然な言語を操る対話型AI(人工知能)技術として、IT業界のみならず他の業界や一般消費者にまでユーザー層を広げている。その他にも、Midjourneyの同名サービスやStability AIの「Stable Diffusion」など、映像やイラストを出力する画像生成AIサービスが登場している。

 学習したデータを基に、与えられた指示に沿って新しいデータを生成する「生成AI」(ジェネレーティブAI)と呼ばれるAI技術は、「クリエイティブな仕事は人間の専売特許」というかつての常識を覆しつつある。

 さまざまな生成AIを用いたサービスが生まれている。これらの技術やサービスを活用して、新たな価値を創出する道を模索する企業もある。ただしAI技術の専門家ではない一般のITエンジニアやビジネスパーソンにとって、生成AIは未知の部分があるのが実情だ。

 そこで本稿は、今やAI分野に欠かせないGPU(グラフィックス処理装置)や開発プラットフォームを提供するNVIDIAと、AIモデルの開発や活用に広く使われるインフラやサービスを提供するアマゾン ウェブ サービス(AWS)というキーマンに、最新事情と生成AIを使いこなすために押さえるべきポイントを聞く。


提供:エヌビディア合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.