2023年07月13日 10時00分 公開
PR

生成AIブームで大人気の「GPU」を“本格的なAI活用”に役立てる方法「ChatGPT」だけではないAI活用の可能性

さまざまな企業がAI技術を自社の業務や事業に役立てる方法を考え始めている。AIモデルの構築や、学習に必要なデータとインフラの調達はどのように進めるべきなのか。国内企業のAI活用の具体例と共に解説する。

[ITmedia]

 OpenAIのチャットbotサービス「ChatGPT」をはじめとしたAI(人工知能)サービスが注目を集めている。今やAI技術はITの専門家だけでなく、一般の人々の間でも広く知られる技術となった。さまざまな企業がAI技術を活用したビジネスチャンスを模索している。

 学習したデータと与えられた指示を基に新しいデータを生成する「生成AI」の台頭以前から、企業におけるAI技術の開発や活用の取り組みは進んできた。オープンソースのツールやライブラリ、さらには計算リソースとしてのクラウドサービスをうまく使うことで、比較的コストを抑えながらAI分野の取り組みに着手可能になったことが背景にある。

 企業がAI活用を加速させるには、AIモデルの開発を着実な取り組みにすると同時に、「GPU」(グラフィックス処理装置)をはじめとしたAI用途向けの計算リソースや仕組みを用意する必要がある。AI活用のポイントとは何か。市場の現状や、国内事例と併せて解説する。


提供:エヌビディア合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.