2023年09月25日 10時00分 公開
PR

Wi-Fiはユーザー体験を重視へ 今インフラをどう見直すべきか「つながればいい」から次のフェーズへ

オフィスのみならず、学校や商業施設、工場などを支える重要なインフラとなったWi-Fi。ネットワーク管理者の負荷軽減とユーザー体験の向上を同時に実現する方法とは。

[ITmedia]

 企業を支える通信インフラは有線LANから無線LAN(Wi-Fi)が中心になりつつある。また、センサーなどのIoTデバイスを利用して生産性を上げる「スマート工場」を目指す製造業が増えるなど多様な活用方法が広がり、Wi-Fiの安定運用は必須の状況だ。

 そんなWi-Fiの課題は、セキュリティを確保した上で安定した運用を維持することだ。Wi-Fiのトラブルは、電波干渉などさまざまな原因が考えられるため解決が難しく、運用には十分な知識とノウハウが必要だ。

 どうすればネットワーク管理者の負荷を下げ、安定した運用を実現し、ユーザーに快適な体験を提供できるのだろうか。


提供:日本コムシス株式会社、ジュニパーネットワークス株式会社、ジェイズ・コミュニケーション株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.