2023年09月20日 10時00分 公開
PR

気付かず継続利用していないか? 今すぐ最新のサーバOSへ移行すべき理由サポート終了を迎えたWindows Server 2012

EOS後もWindows Server 2012を継続利用しようと考えている企業は、そのリスクを正しく認識していない可能性がある。そのリスクを振り返るとともに、最新のサーバOSにはどのようなメリットがあるのか、移行方法と合わせて解説する。

[ITmedia]

 さまざまな企業のエンタープライズシステムを支え続けてきたサーバOS「Windows Server 2012」。そのサポート期間が2023年10月で終了する。ユーザー企業は後継OSへの移行を進めるのが理想的だが、中には移行の検討が遅れてしまったり、やむなくサポート終了後も暫定的にWindows Server 2012の利用を続けたりする企業もある。

 しかしサポートが切れたサーバOSを利用し続けることで、さまざまなリスクが生じる。さらに最新のOSはセキュリティ対策の強化や、生産性向上に役立つ新機能の搭載など大きな進化を遂げており、これら新機能の恩恵を受けられないことでさらに不利を被ってしまうことも考えられる。

 サポート終了が迫る中でWindows Server 2012の移行を検討するには、どのような点を考慮すればいいのだろうか。


提供:菱洋エレクトロ株式会社、日本マイクロソフト株式会社、日本ヒューレット・パッカード合同会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.