2023年09月20日 10時00分 公開
PR

もう移行は済んだ? 延長サポートが終了したWindows Server 2012の移行先解説デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト

長らく企業のサーバ運用を支えてきたWindows Server 2012が延長サポート期限を迎えた。その最新OSであるWindows Server 2022に移行する場合、どんなメリットがあるのか。用途に応じた移行先の選び方と合わせて、その推奨事項を解説する。

[ITmedia]

 Windows Server 2012の延長サポートが2023年10月に終了した。すでに新環境へ移行できていればよいが、そうでなければ不具合を利用したサイバー攻撃を受ける可能性が高まる他、問題発生時の問い合わせもできなくなる。さらに長く利用されてきたサーバだけに、ハードウェア故障のリスクもあり、継続利用の道は実に険しい。

 そこで、新たな環境に移行するとなると、まず候補となるのが最新OSであるWindows Server 2022だろう。暗号強度のアップや起動時の改ざん防止といったOS自体のセキュリティが強化されており、データセンターをMicrosoft Azureに拡張してIT運用を効率化することも容易になる。これからハイブリッド環境に移行したい企業にとっても追い風となるはずだ。

 ただし、移行先はあくまで用途によって異なる。例えば、PCと連携するファイルサーバであれば、アクセスの安定するオンプレミスの方が使い勝手が良い。このように本コンテンツでは、Windows Server 2022への移行メリットに加え、用途に応じた移行先の考え方を分かりやすく解説しているので参考にしてほしい。

アンケートに回答して動画を視聴

アンケートにご回答いただくと動画を視聴いただけます。下記アンケートフォームよりご回答ください。

【本キャンペーンは終了しました】QUOカードPayも当たる!

アンケートにご回答いただいた方の中から、抽選で100名様にQUOカードPay 500円分をプレゼントいたします。当選発表は発送をもって代えさせていただきます。


ログイン または 会員登録(無料)いただくとアンケートフォームが表示されます。オレンジ色の「アンケートに回答する」ボタンからアンケート回答をお願いいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.