2023年09月28日 10時00分 公開
PR

コンテナ基盤の柔軟性や俊敏性の課題を解消、事例に学ぶ開発速度向上のヒントオンプレミスの3大課題とどう向き合った?

早くからコンテナ基盤を導入してきた日鉄ソリューションズは、オンプレミスでのコンテナ基盤活用に関して、アジリティの高いリソース変更、クラウドサービスとの連携、柔軟性の確保に課題を抱えていた。これらを解消した方法とは。

[TechTarget]

 ビジネス環境が激しく変化する中、その変化に対して柔軟かつスピーディーに対応できる手段としてコンテナが注目されている。特に、顧客向けにシステムやサービスを提供する企業ではコンテナの活用は必須になりつつある。

 そんな中、早い段階からコンテナ基盤を導入し、さまざまな成果を上げているのが日鉄ソリューションズだ。同社の技術本部 アーキテクチャ&テクノロジー部(以下、ATEC)は、新しい技術を用いた開発や新しい開発スタイルの社内実践をリードする役割があり、オンプレミスに構築したオープンソースベースのコンテナ基盤を社内の開発者に提供することで、同社の顧客のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援してきた。

 コンテナ基盤のハードウェアが保守期限を迎えることになり、2022年10月から同基盤をクラウドへ移行するプロジェクトがスタート。2023年9月現在、プロジェクトは無事完了し、コンテナ基盤はクラウドで稼働している。

 ただ、プロジェクト発足当時は課題も幾つかあったという。そこで本稿は当時の課題とその解決策、そしてクラウドへの移行やマネージドサービス「Azure Red Hat OpenShift」の導入によってどのような成果が得られたのか、話を聞いた。


提供:日本マイクロソフト株式会社、日鉄ソリューションズ株式会社、レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.