2023年09月29日 10時00分 公開
PR

Windows 11のPC選定やOS混在の課題をどう乗り越える? 移行作業のNGと正解Windows 11移行で情シスが必ず知っておくべきこと

Windows 11移行を喫緊の課題として取り組まなければいけない時期に来ている。効率的な移行作業の方法やOSが混在する環境をうまく運用する方策、Windows 11に適したPCの選び方などを専門家に聞いた。

[ITmedia]

 「Windows 10」のEOS(End of Support)まであと2年となり、「Windows 11」への移行を検討する企業も増えてきたことだろう。

 Windows 11ではハードウェア要件としてセキュリティチップ「TPM 2.0」(Trusted Platform Module 2.0)が必須となり、これを搭載していないPCはリプレースが必要だ。Windows 10とWindows 11との混在が続く場合は適切な更新管理が求められる。PCのリプレース予算の確保やWindows 11の展開方法、業務アプリケーションの互換性確認など、OSのアップグレードはとかく考えるべきことが多い。

 情報システム担当者はこれらの課題をどう乗り越えればいいのだろうか。OS更改を支援する2社の担当者に、Windows 11に適したPCの選び方と効率的な移行作業の進め方を聞いた。


提供:横河レンタ・リース株式会社、株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.