2023年09月29日 10時00分 公開
PR

ネットワークを快適・安全にする新時代の「ローカルブレークアウト」とは?SD-WANとセキュリティとのスムーズな連携を実現

クラウドサービスの台頭やテレワークの浸透により、トラフィックをデータセンターに集約させる従来のネットワーク構成に複数の問題が浮上している。通信速度を低下させず、セキュリティを確保できる「クラウド時代のネットワーク」とは。

[ITmedia]

 企業におけるITシステムの利用形態は、大きな変革を迎えている。SaaS(Software as a Service)などのクラウドサービスを業務に活用することは、今や当たり前になった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴ってテレワークが急速に普及したことで、クラウドサービス型のWeb会議ツールも定着した。

 Web会議ツールなどのクラウドサービスを導入した企業が直面している新たな課題が、ネットワークの通信速度や安定性の低下だ。クラウドサービスを使うエンドユーザーが増えると、ネットワークを流れるデータ量も増える。その結果、回線の逼迫(ひっぱく)による通信速度や接続性、安定性の低下に悩むことになる。インターネット経由でクラウドサービスにアクセスする機会の増加は、外部からサイバー攻撃を受けたり内部から情報が漏えいしたりするリスクの増加も招く。

 こうした課題を解決する、“クラウド時代にふさわしいネットワーク”とはどのようなものか。次ページで解説する。


提供:株式会社マクニカ、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.